我が家のローンのお話第2弾です。
我が家の住宅ローンは「預金連動型」と言われる商品です。

ローンに関して全く無知だった私達がこの商品に行き着く過程、内容など綴っていこうと思います。
ただ、ローンに関しては夫頼みで進めてきたのでこの度調べながら書いていますφ(-ω-)カキカキ
(不備があったらすみません)

b02ea25aa475fe9f94a5695707a1ff02_s


「預金連動型ローン」とは?


はじめに…預金連動型とはなんぞや?

預貯金と金利が連動するの?お得なのどうなの?デメリットは?

得かどうかと言われると、預金すればするほどお得です。

要は「我が家のありったけの預貯金を銀行に預けろ!そうすればその分の金利を優遇するよ!」
という商品です。


【仕組み】(※各銀行により多少内容がことなります)

例えば、3,000万円のローンを組んだ人が2,000万円の預金をしている場合、ローン金利は差額の1,000万円に対してのみかかってくるかたちになりますが、

住宅ローン控除は3,000万円のローンとして計算されますので、結果的には預金残高を積むことによる繰り上げ返済と同様の効果を得ながら、住宅ローン控除はフルに受けられるわけです。

詳しくは→「預金連動型住宅ローン」のメリット・デメリット
角丸四角形吹き出し: ただし
金利が高い
×
3000万借入した場合
金利ゼロ or 優遇  金利この分のみ
2000万預金 1000万
ローン控除は全額で計算される


【デメリット】

そんな上手い話あるの?というのが各種ローン商品の落とし穴。

上記の図でも描きましたが一般的に金利が高いのがデメリットです。
商品によりますが1%~2%くらいと思います。

最近の固定金利はものすごく低金利になっていますよね。
先ほどサイト見てきましたが0.6%でした
住宅ローン低金利ランキング

ネット銀行のような低金利な商品と比べてしまうと、トータルで支払う金額で言えば負けます。
それに加え、預金額が足りないと損することになりますので、この住宅ローンに向いてる人といえば預貯金をキープできる予定の人ということになります。

自分達のライフシミュレーションを理解して上手く預金を崩さずに支払っていく事がカギの用です。


<我が家のケース>ストーリー

家探しして初めて聞いた「預金連動型住宅ローン」

きっかけは、
家探しをしている中で出会った会社とローンに関してお話した時に知りました。
我が家「頭金1000万(貯蓄1500万)あるので残りを25年ローンを考えています」
会社「でしたら預金連動型しかないでしょう!頭金突っ込まずに預金した方が良いですよ!」
我が家「え!(半信半疑)」
  ↓
その後中古購入に至る                                   
  ↓
固定金利で探す
(預金連動型のことすっかり忘れてる)   
  ↓
どうやらネット銀行が安い!
審査を申し込む→断られる
(ネット銀行は金利が低い分、審査が厳しいよう)
  ↓
条件を変えて再度申し込み→断られるループ!
ネット銀行諦める
(夫婦疲れてくる)
  ↓
審査が容易な「フラット35」しかないじゃん!
(でもフラットは金利が高いからなんか腑に落ちない)
  ↓
「そういえば!預金連動型があったじゃないか!」 (・∀・)
(ネット銀行には及ばないが、まぁまぁ良いかもしれない)
  ↓
審査OK!
***

審査って結構時間かかるんですよ(2週間~1ヶ月)
家購入してるのに決まらないのでヤキモキしましたよ!
家探しと平行して下調べすることをお勧めしますね。


<我が家のケース>住宅ローンの内容

預金連動型住宅ローンとは言っても、各社で少しずつ違うようです。
我が家は地方銀行の商品です。(社名は伏せます)

【初回~10年間】
2500万借入
キャッシュバック1% 金利1%
預金700万 1800万
ローン控除は全額で計算される
【10年以降】
2500万借入
キャッシュバック2% 金利2% 返済終了分
預金700万 800万
ローン控除は全額で計算される
角丸四角形吹き出し: 金利は高くなるが、
キャッシュバックも2%に
上がる

◎10年までは1%、10年以降は2%に上がります。
その分キャッシュバックも1→2%になりますが、我が家の計算上、預貯金崩れなければ先10年の月額とほとんど支払い金額かわりませんでした。

◎この商品の場合はキャッシュバック制で、借入分側の引き落としがあった後に預貯金側のバック分が振り込まれるルールです。

(補足)                                                                                       
当初は貯金1500万ありましたが、リフォーム代350万・仲介手数料100万・売主に先払い250万・家財100万というものが現金で消えて手元に残ったのは700万でした
                                                                                        
                                                                                        
                                                                                        
                                                                                        
                                                                                       
最後に

住宅ローンは各家の事情で向いてる・向かないなど色々あるようです。
家探しの中で「変動金利がお得」と勧めてくる人も居ますしね。我が家では向いてないということで却下。

単に金利が安いから一概に◎でも無く、メリットデメリットを理解した上で夫婦お互い認識しあってから決めることをお勧めします。

我が家は稀なパターンですが、こういうお家があるよと話題の中のひとつとして上げてくれたらうれしいかな。


ここまで読んで下さりありがとうございます。


+ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - +
ランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると嬉しいです♪
     ↓↓

にほんブログ村




にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン
家にまつわるお金の話